余剰スペースをバイク駐車場にすることで安定した収益化!

自分の所有する土地を活用して収益化を図る!

自分の手元に使うわけでもない土地が余っていたり、親からの相続によって受け継ぐことになった土地があったりする人もいたりするのではないでしょうか。

立地条件が良かったとしても、坪面積が狭くてお店や家を建てるために貸し出すことが難しかったり、売却することは考えていなかったりすると、その土地が遊んでしまって管理をするのも一苦労となってしまいます。

また、お店のために土地を貸していたりしていて、そのお店が潰れてしまったりしたにも関わらず、次に使用する人がいなかったりすることもあります。

土地を上手く活用することによって、働かなくても収益が上がるようにするには「駐車場を作る」という選択肢があります。

土地の活用方法

まず、どこの土地を所有していたとしても、その土地がどんな立地になっているのかによって利用方法は限られてくることになります。

一等地と呼ばれる主要駅の近くの土地だったりするのであれば、お店にしてもいいですし、個人の人が家を建てるための土地として貸し出したり、売却することもできます。

その他にも、マンションやアパートなどの建物を建てることによっての収益化も考えることができるでしょう。

その土地がどこの地域なのかによって、土地の価値も利用方法も変わっていきます。

よく田舎の方では山を所有していたりする人がいますが、山があったとしてもそこに道路を作るだとかという話がなければ、遊ばせている状態のままでただ単に土地を持っているということになってしまいます。

いかにして土地を活用・運用するのかで、収益化を図るために必要なことが何かわかってきます。

駐車場が運用にピッタリ!

街中で土地が余っていたり、貸し出していて使わなくなってしまったスペースがあったりするのであれば、「駐車場」にするのが一番運用の方法としては楽になるでしょう。

駐車場というものは、どれだけの車やバイクが置くことができなければならないということはありません。

住宅地の空き地を所有している人などであれば、月極め料金を貰いながら駐車場として土地を貸したりしている人もいます。

整備の充実さなども人によって違いますので、駐車場が元手が少なくすぐに実行することができる土地運用方法になるのではないでしょうか。

土地だけじゃなくても余剰スペースの活用方法はある

土地というものに対して焦点を当てていますが、実際のところ土地だけではなくて使わない余剰スペースを活用する方法は、他のことにも当てはめることができます。

ビルのワンフロアや一室を所有していたり、マンションの一室を所有していたりする人もいるでしょう。

その部屋などが利用されているのであれば定期的に収益を上げることができますが、利用者や入居者がいなければ収益につなげることができません。

そこで目を付けるのが余った部屋を使用したトランクルーム化です。

さすがにマンションの一室についてはトランクルームにすることはできませんが、ビルのワンフロアや一室についてであれば、トランクルームにすることで企業だけでなく個人でも利用してもらうことができます。

テナントの空き店舗があったりする場所をトランクルームにすることで、家や会社に置いておくことができないものを保管してもらうことで利用してもらう方法もあります。

このように、土地だけでなくあらゆる余剰スペースを活用することによって、ビジネスチャンスが広がってきます。

油外収益アップのご提案

余剰スペースをバイク駐車場にする!

バイク駐車場を見かけることは少ないかも知れませんが、バイクに乗っている人からすると、バイク駐車場の少なさは深刻な問題でもあります。

観光地に行ったはいいものの、車を停めるスペースはあるにも関わらず、バイクを停めるスペースが設けられていないということで、車用の駐車場に停めたりすることがあります。

バイクが車の駐車場に停めると、苦情を言われたりして嫌な思いをされたりする人もいたりしているのが現状です。

その状況を打破するためにも、バイク駐車場の整備が必要になりますし、なによりも余剰スペースが少なかったとしてもバイク駐車場だからこそ設営することができますので、少ない土地しか余っていないという方でも土地運用をすることができます。

小スペースでもバイク駐車場にすることができる

余った土地を駐車場にしようとすると、普通乗用車を停めたりするのであれば最低でも5台は停めることができるスペースが欲しいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もちろん、広い土地が余っているのであれば問題ありませんが、狭いスペースしかないのであればできるだけ台数を置くことができるようにするには、車ではないものを駐車することができるようにしなければなりません。

普通車1台分のスペースがあれば、おおよそバイク4、5台を駐車することができるスペースになりますので、小さなスペースであっても土地運用をすることができます。

バイク駐車場だからこそ、小スペースでも活用することができるのは、土地を所有している人からすれば大きなメリットになるのではないでしょうか。

また、小スペースというのは自宅の近辺にある土地でも良いですし、離れた土地でも構いません。

都内などの街中に大きな土地を購入するというのは、金額的にも厳しいという場合は、小さな土地を購入してバイク駐車場として活用することで、運用資金を少なくすることができるので、土地を活用して資産運用したい人にとっても悪い話ではないでしょう。

建物がいらない駐車場だからこそできること

そして、駐車場ではなによりもテナントやアパート、マンションのように建物を建てる必要がありませんので、少ない準備期間で始めることができます。

アパートを建てようとすれば、入居者が入って収益が上がるまでに期間が必要になってきますし、敷地内の整備から建物の整備、部屋の整備など必要になってくるものがたくさんあります。

また、建物代も必要になってきますので、どうしても必要資金が多くなってしまいます。

その点、駐車場であれば料金の支払いを無人で行うことができる機械を設置したり、駐車スペースを整備するだけでいいので資金的にも準備期間としても楽に行うことができます。

建物がいらない駐車場だからこそ、すぐに始めて収益化を狙うことが可能です。

 

ガソリンスタンドの余剰スペースもバイク駐車場にできる!

個人で所有している使われていない土地や余剰スペースを、バイク駐車場にして土地運用をすることができるのは分かるとは思いますが、ガソリンスタンドなどの余剰スペースでもバイク駐車場を設営することができます。

お店の駐車場でも、広い土地を所有してはいるものの、車を停めたりすることもない余剰スペースがあったりすることがありますが、そういったスペースをバイク駐車場にすることによって、バイク乗りが駐車するスペースを確保することができたり、なによりも商売をしながら余った土地からも収入を得ることができるようになります。

ガソリンスタンドに車の駐車場を作ろうとすると、土地が必要になってしまうため、これまでは駐車場を作るということを考えることもなかったでしょう。

しかし、バイク駐車場であれば少ないスペースでの土地活用を行うことができますので、ガソリンスタンドのように広い土地の一角を利用することで収益化を図れます。

お店の余剰スペースでも土地活用して運用することができる

ガソリンスタンドだけでなくても、飲食店や雑貨店、ショッピングモールなどでも同様に、買い物をするお客様とは別で、バイクを駐車しておきたい人に対しての駐車場を設置することもできます。

お客さんが十分に入ることができるように、大幅に想定して土地を利用したりしていても、実際に営業をしていくと使わないスペースが出てきたりする場合もあります。

使わないような土地があることによって、その面積分の支出もありますので、経営面で考えれば収益を上げることができる方法があるのは嬉しいことになってくれることでしょう。

ただ、駐車場の整備をしたりすることなどを考えれば、イマイチ一歩踏み出すことができない方もいらっしゃるかと思われます。

土地を少しでも活用することによって安定した収益を作りたいというのであれば、パークDOにお任せください。

バイク駐車場のことならパークDOにお任せ!

パークDOでは街中などのバイク駐車場の整備を推し進めていっており、バイクに乗って休日を堪能したり、バイク通勤をしたりする人達のために少しでも多くのバイク駐車場を増やしていっております。

冒頭でもあるように、バイクに乗ったり所有している台数に比べて、バイクの駐車場の数は少ない現状では、バイクを自転車の駐輪場に停めたり、四輪のスペースに停めたりしてトラブルになってしまうこともありますし、停める場所がないからと駐車禁止の場所に停めていたりして違反キップを切られてしまうこともあります。

車のように大きな乗り物ではないので、停める場所には困らないと思われてしまいますが、立派な自動車ですから路上に停めていたりすれば駐車禁止の場所で、違反になってしまいます。

特に街中になれば、バイクに乗っている人が多いということもあって、駐車スペースが足りない状態が続いており、少しでも活用することができる土地があるのであれば、そこをバイク駐車場にしてもらうことで、すぐに利用者が出てきます。

バイク駐車場にしたいと思っていたり、余剰スペースをどうにかして活用したいと思っていらっしゃるのであれば、まずはパークDOへとお問い合わせください。

土地活用からバイク駐車場の疑問についてお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせお願いいたします。

油外収益アップのご提案