バイク月極駐車場お問い合わせ漫画 バイク駐車場が見つかる

駐車場探しを依頼

もっと見る



バイク駐車場を探すならパークDoにお任せ下さい!

 

バイクを駐車するスペースは都会になればなるほどになくなっていきます。

駐車をするには車と同じで、バイクもスペースが必要となってしまいます。

東京近郊を中心にバイクの駐車場を探してみても、なかなか見つからないことはよくあることでしょう。

そして、土地がある田舎ではスペースはあってもバイクに乗っている人達は自分たちのガレージや家の庭があるので、バイク駐車場を探す必要がありませんし、仮に置き場がない場合は駐車場自体がないのでどうすることもできない状況になっています。

バイク駐車場のない場所では、どのようにするのかという話になると、ほとんどの方が駐車禁止場所に停めたままにしているようです。

年々増えてきているライダーたちが、今のこの状況では違反を犯さないとバイクを停められないということになってきております。

50cc未満の原動機付き自転車(通称:原付)であれば、自転車扱いの軽車両となりますので、駐車違反の罰則もそこまでありませんが、50cc以上のバイクでは車と同じ自動車扱いになってしまうので、当然駐車違反の罰則も同様に科せられてしまいます。

そんな中で、バイク駐車場の整備は追いついていないのが現状となっていますし、バイクに乗る人口に対して、バイク駐車場が少ないです。

バイク駐車場がなければ、自然と違法駐車をせざるを得ない状況となってしまうにも関わらず、政府はこれまで何も対策をしてきていませんでした。

ちなみに、日本は世界で一番バイクを生産している国となっており、バイク大国とも言えます。

車メーカーの方が一般的には有名になっていますが、バイクだって十分に世界に誇れる産業として確立されています。

それなのにも関わらず、バイク駐車場の整備には力を入れていないところがほとんどですので、国内のバイク保有台数と駐車場の台数は比例していません。

街中に行くと、車のコインパーキングを見かけることはよくあったとしても、バイク駐車場を見かけることは少ないことが多いでしょう。



実のところ、車の駐車場に対して、バイク駐車場は約7分の1しかなく、特に都心部の方はバイクに乗っている人も多いにも関わらず、バイク駐車場の数が不足してしまっているのが現状となっています。

しかし、今のこの現状を改善するべく、政府の方から2018年4月に交通安全の確保に最大限の配慮をすること、他交通に影響がないことを前提として、駐車場の整備を推進させようという動きが始まりました。



このニュースは、深刻なバイク駐車場不足を抱えるユーザーたちにとっては嬉しい出来事となり、バイクの駐車禁止の見直しは今後も活性化していくことが期待されています。

バイク駐車場は、車の駐車場と違い、スペースを多く必要とするわけではありませんし、車輪のロックなどの設備投資の関係でも少なく済みます。

車の駐車場を作るような土地はなくても、2,3台を停めるようなスペースくらいならあるような土地でもあれば、バイクの駐車場にすることができます。

今後バイクに乗る人が更に増えていくことが予想されているので、駐車場の整備は急務となってくることでしょう。


今から40年前の1980年代やもう少し前の1970年代では、空前のバイクブームとなり、多くの人がバイクに乗って、山道のワインディングを走ったり、仲間と一緒にツーリングをして楽しむ時期がありました。

当時のように、街中を駆け抜ける人が多くいた光景を現代でも再現できればいいのですが、現在では、昔のようにバイクに乗っている若者は減ってきてしまいました。

ですが、現在では若者の人口の減少がありながらでも、それでも多くのバイクファンが存在しており、その中から若い芽が出てこようとしていることも確かな事実です。

昔のようにキャブレターのバイクが圧倒的に多かった時代から、最先端技術が搭載されているバイクが増えたように、バイクの性能が向上したこともあり、軽量で取り回しもしやすいバイクが出てきており、乗りやすくて女性でも簡単に乗れるということから、女性ライダーも続々と増えてきています。

また、幼稚園の職業ランキングで1位を獲得したことでも有名なyoutubeでは、「モトブログ」と呼ばれるバイクに乗って様々なところに行ったり、ツーリング中に仲間と話をしながら走行することの楽しさを発信している映像が普及してきており、若者に向けてのyoutubeの影響からかバイクに乗り始める人が増えてもきています。



このモトブログの影響は、一般のバイク市場だけに留まらず、「motoGP」などのモータースポーツの活性化にも繋がってきており、その宣伝効果は無視することのできないものとなっています。

全盛期の1970~80年代から比べると、バイクに乗っている人はまだまだ数は少ないかもしれませんが、市場を支えている当時の世代から受け継がれて、次の世代に代わろうとしている時期に来ているのかもしれません。

当時を知っている人達が、一度はバイクを降りてしまった全盛期当時の世代が、結婚や子育てを経て、自分の時間ができたことによって「リターンライダー」として再び乗り始めている方が多くいらっしゃいます。

当時とは違い、金銭的な余裕も出てきていることもあって、今までバイクに乗っていなかった人を誘い、一緒にツーリングに出掛けたりするような姿も見受けられます。

今の時代は、バイク乗りにとっては変遷期となっており、バイク業界は全盛期の時代へと再び大いに盛り上がりを見せ始めています。

昔を知る世代と、これからの時代を生きて行く若い世代の2世代が、同時にバイクというツールを楽しみながら、そしてまた次の世代へと受け継がれていくのではないでしょうか。

昔と今では、youtubeのように情報通信技術の発達によって、バイク仲間の知り合い方も変わってきており、昔のように声を掛け合ったりするようなことも少なくなってきています。

スマートフォンの普及やSNSの発達によって、バイクを通じて知り合う人達も多く存在しており、一緒に「インスタ映え」のスポットまでツーリングに向かったり、バイクが共通の趣味ということから出会いが生まれて「カップルライダー」という言葉も生まれてきています。

若い世代には、当時なかった情報ツールがあることによって、また違ったバイクの楽しみ方も出てきているので、これからどんどんと盛り上がっていくことでしょう。

そのためにも、全国各地において、観光スポットや都市部を中心としてバイク駐車場を増やしていくことで、違法駐車が0になっていくことが必要なことでしょう。



また、車の駐車場にバイクを停めたことによるトラブルも見かけられております。

厳密には50cc以上のバイクであれば、4輪の車と同じ扱いになるので、車の停める駐車スペースにバイクを停めておいても問題はありませんが、車が停めるスペースにバイク1台が止まっていると、不快に思う人もいらっしゃるようです。

無用なトラブルが増えてしまったりすると、バイクに乗ることが楽しくなくなってしまいますし、そのトラブルを見た人がバイクに対して嫌な印象を持ってしまうと、これからのバイク業界の足かせにもなってしまいますので、バイク専用駐車場の整備も推進されていくことを願っています。

みなさんがどこかに出掛けたり、引っ越しをしたりして、バイクを停める場所が見当たらないということがないように、パークDoでは全国で一番のバイク駐車場検索サイトになれるよう、一人でも多くの方にバイク駐車場をご案内しております。

全国どこにいても、パークDoを使えば駐車場が見つかる、そのくらいにバイク駐車場が整備されていってくれることを期待していますし、皆さんがより使いやすいように改善や工夫を行っていきます。

駐車場を見つけて利用することが主に、パークDoの利用方法だとは思いますが、同時にパーキング事業者様や遊休地を上手に利用したいとお考えのオーナー様もお問い合わせください。

土地が余っていたりする場所があれば、そこをバイク月極め駐車場とすることで、自宅にバイクを置くスペースがない方が利用することができるようになりますし、毎月コンスタントに駐車料金が発生します。

違法駐車が年々厳しくなっていっているので、近年では不足しているバイク月極め駐車場は増えていっている傾向にあります。

車を置くスペースが1台や2台分ある土地があれば、バイクなら倍の6台は置くことができますし、そこまで大きな土地が無くともバイクを1台2台停めるくらいのスペースならあるといった場合もあるでしょう。

活用できる土地をバイク駐車場にすることによって、有効的に活用していただけるように、ご提案をさせていただきます。

所有している土地の広さは人それぞれ違いますし、立地条件なども様々でしょうから、ご自分の判断で駐車場としては使えないと思っても、バイク駐車場として使うことができる場合も多くあり、バイクスペース1台からでもご提案させていただきます。



駐車場を探す、駐車場を作る、バイクがさらに乗りやすい状況を作ることによって、マナーアップにも繋がりますし、ビジネスチャンスを広げることもできるでしょう。

なにか不明点がある場合は、まずはお気軽にお問い合わせ・ご相談くださいませ。