朗報!ChargSPOTでスマホの充電ができて借りられる!

スマホの充電器がどこでも借りられて 返せるように!

スマホの充電で困ることは無くなるかも

最近では少しずつ伸びてきたスマートフォンの充電時間。しかし、筆者のように格安SIMなどで以前から使っていた機種を使用し続けている方なんかは、モバイル充電器を持っていなかったら詰んでしまう程に脆弱なモノもあるのは確かだ。ちなみに筆者のiphone7は、フル充電を一日4回しなければならない程に酷い。こうなってくるとスマホの充電管理も大変です。こういった「ChargeSPOT」が増えてくれるのは非常にありがたい。しかも今はなんと自動販売機でもレンタルできるようになっているという便利さ。元々のChargeSPOTのコンセプト「どこでも借りられて、どこでも返せる」というものにどんどん近づいて行っている気がする。

駐車場にもモバイルバッテリーレンタル用自動販売機が増えるかも

 

 

 

バイク駐車場にも、モバイルバッテリーレンタル用自動販売機が増えるかも

これがもしさらに、バイク駐車場の余剰スペースにこの自動販売機があったらとても便利ではないだろうか?今は空港や駅などでよく見かけます。(それにしてもやはり都心部の方が非常に多いですが。)もちろんそういった場所に集中しているのは、利用する人が多いからというだけではなく、ChargeSPOTが旅行などと非常に相性が良いアイテムだからでしょう。

旅の途中でスマホの電源が切れたら、途方に暮れるしかない事も

旅の途中 スマホの電源切れ 途方に暮れるしかない事も

バイクを使って旅をする人は多いですよね。休憩や食事の時間などで充電できれば良いですが、もし忘れてしまっていたりしても駐車場にもしChargeSPOTがあればメッチャ便利なのは自明の理ですよね。旅行先でスマートフォンの充電が切れてしまうと、例えば目的地にたどり着けなかったり、その場所の美味しい食べ物屋さんを調べられなかったりと、旅を楽しめなくなってしまう可能性もあります。旅先なのにずーっと開きっぱなしというのも味気ないですが、無ければ無いで非常に困ってしまうモノです。道路の端や駐車場の出入り口にジュースの自動販売機がおいてあるように、モバイルバッテリーレンタル自動販売機も置いてあれば楽しいレジャーをもっと快適に過ごせるようになると思います。

安価なのも嬉しい

ChargeSPOT 安価

そんなChargeSPOTの料金は非常に安く、1時間未満だと150円、その後48時間までだと300円、そのあと最大7日間(168時間)まで1日150円という価格で使えてしまう。なので7日使っても1000円もしないというリーズナブルさ。しかもChargeSPOTの専用アプリを使えば一番近いChargeSPOTも探し出すことができるので、利用状況もわかるし、借りる時も返す時も便利です。LINE公式アプリ内からのサービス利用も可能になったので、気軽に使えるのもありがたい。こういったサービスは将来的にバイクの駐車場ならどこにでもあるよ!くらいの普及率になってくれるのではないかと予想します。これからスマートフォンの充電時間も伸びていきますが、どんどん便利すぎるけど電池食いまくるアプリなんかも出てきてどうせいたちごっこになるものですから。

スマホの充電は終わらない問題

スマホの充電が終わらない

これから先、自動運転や先進事故自動通報システムなんかをアプリで行えるようになったりする未来も容易に想像がつくほどに自動車(もちろんバイクも)やスマートフォンの技術は日進月歩で進んでいます。もし本当にそのようなアプリが出てきたら、電池がなくなることは死活問題なので当然充電しながらでないと危険で使えないでしょう。(もちろん遠隔操作だけしかきかない様には設定しないでしょうが)そうなると益々充電器はどんな時でも必要不可欠になってきます。

今のところ、少しずつ増えていっているバイクの駐車場。近くにコンビニなんかがあったりする都会だけでなく、程よく田舎のバイク駐車場などにもChargeSPOTを置いてくれれば、困ることは減っていきそうですが、なにせバイクの販売台数などをみても、今現在はピーク時の9分の1くらいしか売れていないそうですので、中々車の駐車場のようには思う通りに出来ていってはくれません。しかし、日本二輪車普及安全協会のサイトの中でも「バイクの駐車場、ここにつくって!要望フォーム」というモノもあるので、バイクユーザーはここに駐車場をというメールをどんどん書き込んでいって、バイクにとって便利な世の中になっていく事により、またバイクユーザーが増えるという良いスパイラルにハマってくれると良いですね。

バイク駐車場にもこれが常駐してある日も近いかも

バイク駐車場 ChargeSPOT 常駐

しかも、筆者が住んでいる北海道なんかだと、田舎もかなりの田舎になってくると別にそこらへんにバイク駐車場、駐輪場などは基本的にありません。何故か?土地が広大なので、大体どこにでも止められるからです。その辺に置いてバイクを弄っておいても怒られないのであれば駐車場は儲かりませんよね。それでも、そういった田舎にこそスマートフォンの案内や地図などは必要になってきます。しかしモバイル充電器もなく、周りにChargeSPOTがおいていそうなコンビニ、駅もない(実際、料金の支払いをコンビニに設定し、間違えて最寄りにないコンビニを選択してしまった人が往復車で6時間の道のりを行かざるを得なくなってしまったという話がSNSで話題になっていた。)ではいざ充電がなくなってしまった時、二進も三進もいかなくなるのは目に見えています。そんな事になってしまう前に駐輪場や駐車場をしっかりと作り、その中にChargeSPOTを設置してほしいところですね。

画像掲載元:写真AC、https://this.kiji.is/600432782788330593