モトグッツィの最新モデル「V85 TT」が新登場!

モトグッツィ V85 TTの概要と基本スペック

モトグッツィ V85 TTは「クラシックトラベルエンデューロ」というコンセプトのもと生まれたモデルです。外観はオフロードバイクに似ていますが、全体的にネイキッドにも近くバランスのとれたデザインが特徴的です。実際にそのコンセプトは走りにも表れており、オンロードからオフロードまであらゆるコンディションの路面を走破できる性能を秘めています。コンセプトが表すとおり、旅に出る楽しさをいつでも思い出させてくれるバイクといえるでしょう。

V85 TTの基本スペックとしては、エンジンは空冷4ストローク縦置きのV2気筒、排気量は853cc。最高出力80PS/7,750rpm、最大トルク8.16kgf-m/5,000rpmを発揮します。乾燥重量は208kg、シート高は830mmで大型バイクとしては標準的なサイズといえます。

足回りにはフロントに19インチ、リアに17インチのホイールが採用されており、いずれもディスクブレーキによって高い制動性を発揮します。新車価格は税込みで1,398,000円~1,425,600円となっており、車体カラーによって価格は異なります。

モトグッツィ V85 TTの外観インプレッション

それではV85 TTの外観から詳しく見ていきましょう。

V85 TTには「サハライエロー」、「カラハリレッド」、「アストラスブルー」、「アタカマグレー」の4色がラインアップされています。アストラスブルーとアタカマグレーの2色は比較的落ち着いた色合いが特徴的で、年配の方から若い世代まで幅広く愛される飽きのこないデザインといえるでしょう。シンプルなカラーのため趣味のツーリングはもちろん、通勤などにも利用できそうです。

一方でカラハリレッドは白と赤を基調としたツートンカラーになっており、スポーティーさを求める方にとっては最適なカラー。そしてサハライエローは白と黄色のコントラストのなかに赤い塗装が施されたフレームがアクセントとして目を惹きます。よりオフロード色の強いデザインを求める方にとってはサハライエローがおすすめかもしれません。

ちなみに、サハライエローとカラハリレッドはプレミアムグラフィックのため車体価格は1,425,600円ですが、アストラスブルーとアタカマグレーはスタンダードグラフィックのため1,398,000円と価格が抑えられています。

そして外観のなかでもっとも目を惹くのが、モトグッツィのトレードマークでもあるエンジンでしょう。横にせり出した形状のV型縦置きエンジンは、他のメーカーの車種では決して見られない強烈な個性を演出。これほどまでに主張の激しいエンジンはなかなか見られるものではありません。

モトグッツィというメーカーのバイクをよく知っている人にとっては当たり前の光景かもしれませんが、初めて目にする人にとっては抜群のインパクトを誇ります。特にモトグッツィは日本国内でのユーザー数も少ないため、街を走っていてもなかなかお目にかかれるものではありません。人と違うバイクに乗りたい、個性を演出したいといった方には最適の1台ではないでしょうか。

モトグッツィ V85 TTの乗り心地は?

V85 TTは大型バイクとしては標準的かやや軽量の部類に入るバイクですが、実際にバイクにまたがってみると以外なほどコンパクトで扱いやすい印象を受けます。シート高830mmということで小柄な方にとっては足つきに不安を覚えるかもしれませんが、車体自体が扱いやすいためそれほど不安に感じることも少ないと思います。ちなみに、身長170cmほどの男性がまたがった場合は足のかかとが少し浮く程度の足つき性と考えてください。

実際にバイクを走らせてみても、その走りやすさは他の大型バイクとは比べ物にならないほど快適。シート位置の見直しによって、あらゆる体型のユーザーにとって快適な着座ポジションが研究されており、走行中にコーナリングに差し掛かった場合などにおける微妙な着座位置の動きにも対応しやすくなっています。一言でいえば「動きやすさを追求したシート」と表現できるでしょう。

また、標準で装備されているシールドも大変重要な役割を果たします。特に高速走行時には小型のシールドながらも風の抵抗を大幅に軽減でき、これは開発段階において徹底的な風洞実験を繰り返して実現できたものです。同時にハンドル部分にはグリップガードも標準装備されており、悪天候時に水で濡れてハンドルが滑るのを防ぐ役割や、冷たい風から体温が奪われていくのを防ぐ役割も果たしてくれます。

ライディングポジションはネイキッドに近い直立に保たれるため、長距離のツーリングにおいても非常に快適です。オフロードバイクは長距離ツーリングには向かないものが多いですが、V85 TTは豊かなエンジン性能と快適なライディングポジションによって、大型ネイキッドにも匹敵するほどのツーリング性能を発揮します。

トータルで考えるとV85 TTの乗り心地は非常に良好で、大型バイクならではの安定性を持ちながらもオフロードの走破性も兼ね備えたモデルといえるでしょう。

多様な走りを楽しめる3つのモード

V85 TTはオンロードからオフロードまで幅広い走りを楽しむことができますが、そこには多様な路面状況に応じて選べるライディングモードがあります。

Road」、「Rain」、「Off-Road」のモードに切り替えが可能になっており、それぞれABSの設定やトラクションコントロールの挙動、スロットルレスポンスがカスタマイズされています。

まず、Roadの場合は一般的な舗装路面を走行する際に使用され、もっとも多く利用されるモードといえるでしょう。トラクションコントロールは中程度に設定されており、スロットルのレスポンスは3つのモードのなかでももっともシャープなセッティングとなっています。加速感を味わうことができ、スポーティーな走りを楽しみたい方も基本的にはRoadに設定しておきます。

次にRainについてですが、その名の通り雨天時の走行の際に利用するモードです。スロットルレスポンスは3つのモードのなかでももっとも低く、雨天時の急加速によるスピンやスリップを抑える働きがあります。同時にエンジンブレーキの挙動も強めにセッティングされており、コンディションの悪い雨の路面においても高い性能を発揮します。ちなみにトラクションコントロールももっとも低く設定されているため、グリップの弱い路面において安心です。

最後のOff-Roadは悪路を走行する際に利用するモード。Rainモードと同様にトラクションコントロールやスロットルレスポンスは低く設定されており、よりトルク感のある走りを要求される場合に有効なモードです。

ちなみに、V85 TTにはクルーズコントロールシステムも搭載されており、高速道路などを走行時にはスロットルを操作することなく一定の速度でのライディングが可能になります。特に長距離を走行する頻度が高い方にとってはおすすめの機能といえるでしょう。

そしてこれらのライディングモードやトラクションコントロールの情報は、全てデジタルメーターによって表示される仕組みになっています。自動車のように情報がメーターパネルに集約されるため、安心、安全なライディングを可能にします。

モトグッツィ V85 TTに用意された豊富なオプションパーツ

V85 TTにはさまざまな純正オプションパーツが用意されており、ライダーの多様なニーズに応えることができます。いくつかのパーツを例に出しながら紹介していきましょう。

オーリンズ製ショックアブソーバー

バイクファンにとってはおなじみのオーリンズ。高品質の足回りパーツを数多く提供しており、揺るぎない信頼性を獲得しています。多くのスポーツバイクの足回りにも採用されており、V85 TTもオプション品としてショックアブソーバーを提供しています。特にスポーティーな走りを楽しみたい方、足回りをより強化したい方におすすめです。コンプレッション、リバウンドダンピング、スプリングプリロードの調整ができます。

シャフトドライブプロテクター

V85 TTにはチェーンではなくシャフトドライブが採用されています。シャフトドライブとはエンジンの動力を後輪に伝えるために必要な棒状のパーツで、これが損傷してしまうと最悪の場合バイクが走行不能になってしまいます。通常のバイクであれば大きな事故に遭わない限り損傷することはないと思いますが、V85 TTのようなオフロードなど過酷な環境においても走行するケースがあるバイクの場合、走行中にドライブシャフトを破損してしまうリスクもゼロではありません。

そこで、シャフトドライブプロテクターを装着しておくことでドライブシャフトの破損リスクを大幅に低減することができます。万が一の転倒による破損などに備えて装着する方も多く、オフロードを走行する頻度が高い方にとってはおすすめのオプションパーツです。

エンジンガードバー

モトグッツィ製バイクの最大の特徴であるV型エンジン。横に張り出し綺麗なフォルムはV85 TTにおいても最も注目すべきポイントといえるでしょう。しかし、特にバイク初心者にとって不安なのが、転倒した際にエンジンを傷付けてしまうのではないかといった懸念です。一般的なバイクであればボディ内部にエンジンが格納されているような形状のため、よほど大きな事故でもない限りエンジンそのものが破損することは稀なのですが、V85 TTの場合は特殊な形状ということもあり、不安に感じる方も少なくありません。

そこで、エンジンガードバーを装着しておくことで転倒した際にバイクが真横に倒れることを防いでくれるため、エンジンそのものが路面に接地して損傷してしまうリスクを低減することができます。初めて大型バイクに乗る方や運転に不安がある方、長くV85 TTに乗り続けていきたい方にはおすすめのオプションパーツといえるでしょう。

さまざまな顔を見せてくれるモトグッツィ V85 TT

2019年春に発売されたばかりのモトグッツィ V85 TTは、オンロードからオフロードまで幅広い路面に対応したオールラウンダーなバイクとして注目されています。従来のネイキッドでは悪路の走破性に不安がある方、反対にオフロードバイクでの長距離ツーリングに疲労を感じている方におすすめの1台です。

輸入バイクとしても価格帯は決して高くなく、手の届く範囲の価格帯であるのも嬉しいポイントです。ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

モトグッツィ V85 TT駐車場について

上記でいろいろとモトグッツィ V85のご紹介をさせていただきました。実際に購入して置く場所が隣の車両が近すぎて出し入れしづらいなどかなりバイク駐車場あるあるがあります!モトグッツィ V85については車高が高く乗りやすい反面駐車する際に車高が高い分結構たいへんです。

当サイトはバイク専用の駐車場一括サイトになっております、日本で一番モンキー駐車場

をご案内しております!